スタッフ紹介

看護部門

理念
  • 患者の意思を尊重し、思いやりのある看護を提供します。
  • 専門職として安全・安心な看護を提供します。

看護部門には、保健師資格や助産師資格を持つものを含めた看護師とケアアテンダント、メディカルアシスタントが在籍し、皆様の看護やケアを担当させていただいております。
不妊治療はご夫婦が様々な選択肢の中から考え意思決定する治療です。そのプロセスの中で悩み不安になった時には、私たちが必要な情報提供を行いながら、皆様の気持ちに寄り添い一緒に考える支援を行います。
専門性の高い対応を要する特殊治療においては、最新の知識を習得した専門チーム(FT、不育症・遺伝外来、着床障害外来、がん治療前の妊孕性温存)が皆様をサポート致します。

不妊治療看護の専門資格を持つ不妊症看護認定看護師や生殖医療相談士が、「看護師の相談窓口」の個別相談を担当しています。
また、「LaLa Café」や「Next Step」「ハッピーファーストコンタクト」など、様々なテーマで患者様が情報収集でき、同じ状況を共有した方同士の支えあいのために参加者でお話しする場の提供も行っております。
皆様の側にはいつも私たちがいますので、どうぞお気軽にお声がけください。

小松原 千暁
看護師長
不妊症看護認定看護師

メッセージ

こんにちは。
2003年からIVF大阪に勤務し、認定看護師コンサルテーションを担当させて頂いています。
当院へ来院される方は、検査だけ受けてみようと思った方や、他院での体外受精を経て来られた方など様々ですが、どの方も悩みながらも一生懸命努力され、自分達のお子さんに会いたいと願う思いは一緒です。
私の仕事はその思いに答えられるように、一人ひとりの希望に沿った最大の支援をすることです。皆様の気持ちに寄り添い、夫婦・子ども・家族について一緒に考え、時には足踏みしながら進むことを見守らせてほしいと思っています。
皆様の長い人生の中では少しの時間ですが、出会えた縁を大切に過ごせたらと思います。
クリニックで見かけたら遠慮なく声をかけてくださいね。どうぞよろしくお願いします。

学会活動

「長期不妊治療患者へのサポートについての検討
 ~治療終結した元患者の体験談とグループディスカッションを実践して~」
(2015:第13回日本生殖看護学会学術集会 優秀賞受賞)
「生殖看護の現状」
(2014:第12回日本生殖看護学会 会長講演)
「妊娠ヘ向けての身体づくりと治療選択への支援」
(2014:第11回日本生殖心理カウンセリング学会 シンポジウム)
「長期不妊治療患者の看護支援についての検討」
(2013:第31回受精着床学会)
「長期不妊治療患者のサポートについての検討」
(2012:第57回生殖医学会)
「長期不妊治療における課題と看護」  
(2010:第28回受精着床学会 シンポジウム)
「遠方より初診当日にFTを希望される患者への支援」
(2009:第7回日本生殖看護学会)
「Falloposcopic tuboplasty(FT) is a novel, patient friendly and effective treatment for tubal factor infertility before in vitro fertilization(IVF)
From the experience of 550 cases」
(2006:第62回ASRM)

森分 純子
副看護師長
生殖医療相談士

メッセージ

当院では、医師の診療後に看護師説明を受けていただいております。
ここでは、治療方針や今後の予定の再確認をするとともに、患者様のこんなこと聞いてもいいの?といった疑問や不安を解消できる場にし、安心して通院していただきたいと願うからです。
私も皆様が十分に納得して、治療が受けられるように努めたいと思っています。
FT(卵管鏡下卵管形成術)も担当しております。FTをすすめられたけど…他院で卵管通過障害といわれたけど…と疑問・不安がございましたらご相談ください。

学会活動

「死産を経験した患者に対する連携サポート」
(2016:第13回日本生殖心理学会・学術集会)
「両側卵管閉塞と診断を受けた患者の心理と治療選択」
(2012:第30回日本受精着床学会)


田邊 加代子
副看護師長
生殖医療相談士

メッセージ

みなさま はじめまして。
当院には、日々多くの患者さまが来院されています。不妊治療中は、検査や処置などで、時に疑問や不安を感じることもあるかと思います。
治療中の不安や疑問を少しでも軽減し、一日でも早くみなさまが笑顔でご卒業されますようサポートさせていただきます。
どのようなことでも大丈夫です。お気軽にご相談下さい。

学会活動

「長期不妊治療中の患者サポートについての検討~患者会を通して~」
(2010:第10回日本生殖看護学会)

下西 祥子
主任
生殖医療相談士

メッセージ

皆様が安心して検査・治療が受けることができるよう、精一杯お手伝いさせていただきます。
FTチームの一員でもあり、手術担当もさせていただいています。不安に思われること、ご不明に思われることなどありましたら、気軽にお声をおかけください。
いつも笑顔で頑張りますので、よろしくお願いします。

学会活動

「外来卵管鏡下卵管形成術(FT)の有用性:1500症例の検討結果」
(2010年:第28回日本受精着床学会)

宮喜 由紀子
副主任
生殖医療相談士

メッセージ

患者様が安心して治療を受けられるよう優しい対応を心掛けています。
「遠方着床外来」を担当しておりますのでご質問など御座いましたらお問い合わせ下さい。
また「ナース相談室」も行っていますので宜しければご利用ください。

学会活動

「IVF大阪クリニックにおける生殖医療相談士の取り組み」
(2013:生殖心理カウンセリング学会)

村上 純子
副主任
生殖医療相談士

メッセージ

皆様が少しでも不安や疑問なく安心して治療や検査を受けて頂けるよう、常に解りやすい説明と丁寧な対応を心掛けております。「こんな事を聞いてもいいの?」と思われるような些細な事でも、何でもお声掛け下さい。一日も早く笑顔で卒業できますよう、お力添えさせて頂きます。
FT(卵管鏡下卵管形成術)も担当しております。手術に関する疑問や質問も、お気軽にお知らせ下さい。

学会活動

「外来卵管鏡下卵管形成術(FT)の有用性3000症例の検討結果」
(2013:第58回生殖医学会)

小野 瞳
リーダー

メッセージ

私は主に着床障害外来を担当しております。
「着床障害検査ってどんなことをしているの?」「遠方から検査を受けに行きたいんだけど、どんなスケジュールになるのかな?」など、ご相談があれば気軽に連絡してください。
患者様の不安を少しでも軽減できるように、そして、笑顔で卒業して頂けるようにサポートさせて頂きたいと思っています。

学会活動

「初診当日に着床障害検査完了希望の遠方患者に対する支援の取り組み」
(2014:59回日本生殖医学会学術講演会・総会)

清原 真理
リーダー

メッセージ

こんにちは。私は自己注射教室を担当しています。
皆様が安心して治療を受けられるよう、そして笑顔で卒業できるよう、精一杯サポートさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いします。

学会活動

「患者カップルへの支援を考える
~IVF-IC説明会でのアンケート調査報告~」
(2015:第13回日本生殖看護学会学術集会)

平田 金子
ケアアテンダント 副主任
第2種滅菌技士

メッセージ

こんにちは、ケア・アテンダント(CA)の平田と申します。
患者さまに気持ちよく過ごしていただけるようきめ細かい配慮をCA全員が心がけています。
そして、患者さまのかゆいところに手の届くスタッフでいたいと思います。
IVF大阪は全国から患者さまが来院されます。
遠くから来られる患者さまにも、このクリニックを選んでよかったと笑顔でお帰りいただける心の通ったケアを提供しています。
皆様のたくさんの笑顔が見れますように!!


上野 聖香
ケアアテンダント リーダー

メッセージ

はじめまして。ケアアテンダントの上野と申します。
いろいろな気持ちをお持ちになって治療へ来られることと思いますが、嬉しい時も辛い時も共に進んでいけるように全力でサポートしていけたらと思っております。何よりもクリニック内でリラックスできる環境づくりに努めてまいりますのでみなさま安心してお越し下さい。一つでも多くの明かりが灯りますよう祈っております。