スタッフ紹介

培養環境部門

薬剤師が所属している「培養環境部門」は、 薬局業務・培養室業務を行っております。薬局ではおくすり券を持ってこられた患者様に薬の作用や飲み方についてのご説明をさせて頂いています。不妊治療では、効能・効果以外の使い方をする薬や、国内で発売されていない薬・サプリメントを使用したりすることがありますので、一つ一つ丁寧に説明させていただいております。疑問に思うことや不安な点がございましたら、いつでも薬剤師にお聞きください。薬局は診察を終えた患者様が最後に立ち寄られる所ですので、気持ち良くお帰り頂けるように心掛けています。

培養室では、主に培養液の作製及び品質管理、採卵及び胚移植の介助を行っています。者様からお預かりした卵子と精子を受精させ、良い胚に育てるため には良質の培養液を作製する事が必要不可欠です。培養液の良し悪しで胚の質が変わってしまうことも あるため、培養液の品質検査や比較検討を行っています。また、最新の情報を得るため学会等に参加し、そこで学んだ知識を活かしてより良い環境で胚を培養できるよう努力しています。
皆様には、薬局や採卵・胚移植時にお会いできると思いますので、気軽に声を掛けて下さい。1人でも多くの方が笑顔で卒業されるよう、培養環境部門一同お祈りしています。

岡村 太郎
課長代理
薬剤師

メッセージ

薬剤師の岡村です。
最新の技術と知識を習得し、皆様の治療に参加できるように頑張ります。
ご不明な場合はいつでも相談してください。

学会活動

「Comparison of 2 single step culture media, G-TL™ and CSC, on embryonic development and blastocyst formation」
(2016:ASPIRE)
「IVF JAPAN groupにおける同一症例内での各社培養液の比較検討の結果」
(2014:第19回日本臨床エンブリオロジスト学会)
「Effects of L-carnitine administration on the patients with poor quality embryos」
(2013:ASMRM)
「Trial of the hyaluronan-enriched transfer medium.」
(2012:ASPIRE)
「Day3胚移植において10分割以上でcompactionしていない胚は流産率を増加させる」
(2007:日本受精着床学会)
「An evaluation of the effectivity of the two-step(consecutive) embryo transfer method in Assisted reproductive technologies.」
(2006:Pacific Rim)

酒井 舞佳
リーダー
薬剤師

メッセージ

不妊治療ではお薬を正しく服用することが非常に大切です。
そのため、お薬の内容や服用開始日を患者様と共に確認することで、安心して治療を行うためのお手伝いをさせていただきます。
少しでも皆様のお役に立てるように頑張りますので、よろしくお願い致します。

学会活動

「リコンビナントhCG製剤におけるmaturation triggerとしての有効性の検討」
(2016:日本受精着床学会)