よくあるご質問

予約・手続きについて

  1. 生理周期のどの時期に行けばよいでしょうか?
    どの周期でも結構です。生理中はホルモン採血ができ、排卵期には排卵の様子がわかり、黄体期には内膜の様子がわかります。ただ、大変急いで体外受精を受けたい方は避妊した周期の出来るだけ早い時期に来院されることをおすすめします。
  2. 初診の予約を取るには、どのくらい前に連絡すればいいでしょうか?
    初診の予約は2週間程先でご案内しております。 比較的、平日の方が空いておりますので平日のご来院をおすすめさせていただいております。 土曜日は大変混み合います。待ち時間もかなりかかりますので、あらかじめご了承くださいませ。
  3. 初診の待ち時間は?
    当院ではゆっくり、じっくり診察して納得のいく検査・治療を受けて頂く事にしています。特に初診の患者様については、病歴を時間をかけて分析し作戦をたてます。
  4. 初診で来院の場合、当日どのくらいの時間がかかりますか?
    その日の予約状況や診療内容にもよりますが、1時間に4~5名のご予約をお取りしておりますので、2~3時間程かかる場合もあります。
  5. 電子メールで予約は出来ますか?
    ご予約は全てお電話にてお受けしております。その際にお持ち頂きたい書類や注意事項等お伝えしております。
  6. 転院の時、紹介状はいりますか?
    転院する際、紹介状をもらいにくい場合もあるかと思いますので、必ず必要という訳ではございません。もしお持ちであれば、ご来院当日お持ちください。
  7. 初診は夫婦二人で行かなければならないでしょうか?
    どちらでも結構です。もしお二人で来ていただけるなら色々なお話と場合によってはご主人様の血液検査も可能です。 急いで体外受精を受けたい方は是非ご夫婦でおいで下さい。
  8. 遠方から来院する方はおられますか?
    北は北海道・南は沖縄まで日本各地の方から海外(北米・南米・ヨーロッパ諸国・アジア諸国)まで、たくさんの方にご来院頂いております。安心してご来院下さい。
  9. 海外からの来院の注意事項について教えてください?
    海外から来院されるときは前もってメールでご連絡下さい。 必要なデータ、するべき治療を選択してなるべく効率の良い帰国方法を一緒に考えましょう。 体外受精ご希望の遠方の方には、ミニマムステイをご用意させて頂いております。
  10. 初診時の先生が担当医となるのですか?
    特に主治医制をとっておりませんので、曜日や時間により先生が変わります。先生が変わりましても、治療方針は変わりませんのでご安心下さい。
  11. 年齢制限はありますか?
    初診受付は48歳までとなります。49歳以上の方の不妊治療初診をお受けしておりませんのでご来院の際はご注意頂きますようお願い申し上げます。

費用・支払いについて

  1. 初診費用はどのくらいかかりますか?
    初診時には一般的な検査をさせて頂くことがございます。奥様・ご主人様でそれぞれ1万円前後とお考えください。(患者様によって異なる場合がございます。)
  2. 検査や治療に保険が効きますか?
    一般的な検査は保険が適用されます。可能な限り保険診療をさせて頂いておりますが、不育症や高度生殖医療に関する検査については適用されない場合もございます。
  3. お会計時、クレジットカードは使えますか?
    ご利用いただけますが、本人名義のもので一括払いのみとさせていただきます。
  4. 体外受精の費用はおよそどのくらいかかりますか?
    体外受精はおよそ45万円ぐらいです。治療内容によりますのでモデルケースをご参照下さい。

タイミング治療・人工授精について

  1. 不妊期間が短いのですが・・・。
    当院の方針は「妊娠したい時が治療開始の時」と考えています。不妊期間が短くても隠れた不妊原因が見つかる場合もあります。いつでも遠慮なく診察・相談にお越し下さい。
  2. 今までにした検査を繰り返し最初から行いますか?
    当院では必要ないと思われる検査は極力行わない方針です。他院の検査精度が十分であれば繰り返し行うことはしません。しかし、精度に問題がある場合や前回受けられた検査がかなり以前の場合(6ヶ月以上前)には再検査させて頂くことがあります。
  3. 痛みに弱いのですが、治療が行えますか?
    だれでも痛みには弱いものです。当院では痛みの少ない治療を心がけています。痛みのある治療ではリラックスが出来ないからです。いつでも遠慮なく「私は痛がり」ですと仰って下さい。カルテに書いて特に注意します。
  4. とりあえず、相談だけしたいのですが・・・。
    ご相談のみの受診も大歓迎です。初診予約の際にその旨をお伝えください。
  5. カウンセリングだけ受けたいのですが・・・。
    当院では、不妊治療を考えていらっしゃる方なら、当院の患者様でなくても、どなたでもカウンセリングを受けていただくことができます。詳しくはお電話にてお問い合わせください。
  6. リラックスが下手ですが、大丈夫ですか?
    そういう患者様こそ当院が向いています。カウンセラーがリラックスのし方を指導しますのでご安心下さい。
  7. 運動療法などの補助治療は受けたほうが良いですか?
    当院では患者様のご希望を最優先にして治療を進めます。参加ご希望の場合は統合医療プログラムが必要となります。詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい。
  8. ATレッスンとはどんなことをするのですか?
    簡単に出来るリラックス法です。初めての人にはカウンセラーが個別指導します。 ストレス解消や不眠症にも有効で人工授精や体外受精を受ける前に行うと妊娠しやすくなります。ATレッスンは、当院の患者様でなくても、不妊治療をお考えの方なら、どなたでも受けていただくことができます。詳しくは、お電話でお問い合わせ下さい。
  9. なぜリラックスが不妊治療に良いのでしょうか?
    まず緊張すると全身の循環が悪くなります。リラックスすると循環が良くなり性ホルモンの分泌が盛んになります。また子宮も緩んで着床がしやすくなります。
  10. 今までに病院を転々としてきましたが・・・。
    当院が最終の病院となるよう、今までの治療をよく分析して不足する部分を補うように治療しましょう。 必ず出来るという前向きの信念をもち、スタッフと患者様が一緒になって治療を進めていきましょう。当院では他院で何回も失敗された方でも大勢妊娠しておられます。
  11. 卵管造影はどうしてもしたくないのですが・・・。
    タイミング法や人工授精から治療を開始する場合は、子宮卵管造影をあらかじめ行って頂く必要があります。ただし、どうしても気の進まない検査は無理に施行いたしません。そのような場合は遠慮なく仰って下さい。
  12. 主人が精液検査を嫌がります。
    精液検査は不妊検査の3本柱の一つで欠かせない検査ですので、ご主人様に理解してもらえるよう、医師や看護師を交えて話し合いをしましょう。また、自宅採精も可能です。
  13. 入院が必要な場合がありますか?
    不妊治療中に入院が必要になるケースは、ほとんどありません。しかし、万が一入院が必要な場合は関連病院が対応致します。
  14. 手術が必要な時はどうしますか?
    手術が必要な場合は、他院に紹介させていただきます。
  15. 夫以外の精子で人工授精(AID)はできますか?
    当院では実施しておりません。
  16. セックスがうまく出来ないのですが・・・。
    ぜひご相談に来て下さい。一緒に対策を考えましょう。カウンセリングは、当院の患者様でなくても不妊治療をお考えの方なら、どなたでも受けていただくことができます。まずは、お電話でご相談下さい。
  17. 心臓病・糖尿病なのですが、治療は行えますか?
    合併症があっても現在病状が安定し、主治医の先生から許可が得られている場合は治療可能です。必要であれば、当院から主治医の先生宛に紹介状を書かせて頂いております。ただし、体外受精や子宮鏡などでは麻酔を使用する場合が多く、麻酔による合併症の発生が危惧される場合は治療を行えないこともあります。
  18. 妊娠したらすぐに転院ですか?
    原則として妊娠8~9週の時期まで当院で診察いたします。 その後は転院先の病院宛に紹介状をお渡しし紹介先の病院にて妊婦検診を受けることができます。
  19. 今までになんども流産しているのですが・・・。
    流産を繰り返す不育症では精密な検査が必要です。検査の結果、不育症の原因が判明した場合は治療が可能なケースもあり、当院では流産予防のために夫リンパ球免疫療法をはじめとした様々な治療を試みています。
  20. FTとはどんな治療ですか?
    卵管が閉塞あるいは狭窄している場合に適応となる治療法です。直径1mmの卵管鏡を用いて見ながら狭い卵管を小さなバルーンで広げることで卵管を再開通させ、その後はタイミング法や人工授精による妊娠が期待できます。
  21. FT時の痛みはどうですか?
    基本的に、手術は静脈麻酔で実施します。眠っている間に行いますので、手術中の痛みはありません。目が覚めてから、下腹部が痛む場合がありますが、15~20分程度で消失します。痛みが辛ければ、痛み止めの座薬を使用しますので、安心して下さい。
  22. FTをする時期はいつがいいですか?
    生理の出血が終わって、排卵までの間にするのがいいと思います。そうするとFTの手術後からタイミングや人工授精が行えます。
  23. 来院があまりできないので、FTの日に他の検査をしてもいいですか?
    FTは保険適応の手術になりますので、自費検査を同日におこなうとFTが自費診療になります。精液検査を同日に希望される方が多いですが、当院では保険と自費を同日に行う混合診療はできませんので御注意ください。

体外受精について

  1. 体外受精で入院の必要はありますか?
    特殊な場合を除いて一切入院は必要ではありません。 採卵も胚移植も全て日帰りでできます。
  2. 体外受精は土日祝日も行っていますか?
    当院では5名の医師が交代で日曜、祭日の勤務をしておりますので, 体外受精に関する超音波、採卵、胚移植、注射が可能でありチャンスを逃しません。これが当院で高妊娠率を維持している理由の1つと考えております。
  3. 体外受精で入院の必要はありますか?
    特殊な場合を除いて一切入院は必要ではありません。 採卵も胚移植も全て日帰りでできます。
  4. 注射は近くの病院で行うことができますか?
    注射はお近くの先生にお願いすることが可能です。 紹介状もお渡ししますので、出来るだけ病院名と、分かれば担当の先生のフルネームを聞いておいて下さい。
  5. 注射の病院を紹介していただけますか?
    注射を実施する施設は、ご自身で探していただいています。施設に注射がない場合は持ち帰る事も可能です。紹介状をお渡しします。
  6. 無精子症でも妊娠できますか?
    閉塞性無精子症の場合、精巣内に精子が存在しますので、精巣手術後の顕微授精で妊娠が可能となります。非閉塞性の場合、顕微鏡下の精巣手術を行い精子がみつかれば、多くの場合、妊娠は可能です。
  7. 睾丸手術の時、入院が必要ですか?
    当院では実施しておりませんが、なんばクリニックにて日帰りで精巣(睾丸)手術(TESE)を受けて頂けます。
  8. すぐに体外受精を受けたいのですが、実際に受けるまでにかかる期間は?
    体外受精を受けるためには、採卵を行う周期の前周期から準備が必要になりますので、体外受精のスケジュールがたってから採卵・胚移植まで約一ヶ月から二ヶ月はお時間がかかります。また、治療に入る前にインフォームドコンセント(体外受精の詳しい説明)を受けて頂きます。
  9. 体外受精を受ける際、通院時の待ち時間はどのくらいかかりますか?
    体外受精スケジュール中は、注射のみの来院であれば待ち時間は短いです。 体外受精スケジュール中の超音波・採血検査で来院の場合、採血検査に1時間かかりますので2~3時間のお時間がかかります。 採卵は日帰りですが、全身麻酔を使用しますので午前中半日かかります。(採卵は15~20分程度で終了します) 胚移植は午後来院になり、個人差がありますが2~3時間お時間がかかります。(胚移植は15~20分程度で終了します)
  10. 体外受精にはどのような検査が必要ですか?
    妊娠率の高い体外受精のためには十分な検査が必要です。 主な検査は、超音波検査・精液検査、ご夫婦での血液検査などになります。
  11. 体外受精は痛くないですか?
    当院では「痛み」はリラックスを妨げる最も大きな要素と考えております。そこで痛みのない治療を基本としています。痛みを伴う治療の時には、十分な麻酔をかけることにしておりますのでご安心下さい。
  12. 必ず妊娠できますか?
    妊娠できるかどうかの多くは女性の卵巣機能にかかっています。ご夫婦の不妊原因によって妊娠の確率は変わりますが、平均して妊娠反応陽性率は約50%ですので一回目で全員が妊娠する訳ではありません。 必ずママになれると信念をもって頑張ることが成功の秘訣です。
  13. 妊娠しなかった場合、すぐ治療は再開できますか?
    自然周期の場合は連続での治療が可能ですが、刺激周期の場合は最短でも1ヶ月休む必要があります。
  14. 最近、医療事故には、どのような対策を?
    当院ではISO9001の認証を取得しました。その仕組み【品質マネジメントシステム】を取り入れることで、スタッフ全員がルールに従って仕事をし、仕事を効率化し、そして問題発生を未然に防ぐためのさまざまな対策を施しています。例えば、患者名の間違いを防ぐために、必要に応じて名前、生年月日、住所などの複数因子を患者様から言って頂くようにしてご本人の確認を行い、卵子、精子の取り扱いは、必ず2人の胚培養士とバーコードシステムで何度もチェックを行いながら業務についております。
  15. 卵子提供をしていただけると聞きましたが…
    我が国では卵子提供は認められておりません。しかし、信頼のできる海外の施設へ紹介が可能です。
  16. 自然周期の体外受精とは?
    自然周期体外受精では飲み薬程度で排卵誘発するか全く刺激しない周期で採卵しますので、体に対する負担が少ないのが特徴です。しかし、1,2個の卵子しか得られないので妊娠率は普通の体外受精に比較すると低率となります。主に注射で複数個の卵子が得られない卵巣機能不全の方や高齢者などに適応となります。
  17. 体外受精を受けるには、最低何日通えばいいですか?
    体外受精のスケジュール中には、生理3日目から連日の注射と2~4回の超音波検査、採卵日と胚移植日の来院が必要になります。近くの病院で注射される方は、当院に来院される回数は最低でも採卵日と胚移植を含めて4~5日の通院が必要です。また、遠方の方には「ミニマム・ステイ・IVF」のシステムもありご利用下さい。なお、このシステムをご利用の際は初診ご予約の時その旨を仰って下さい。
  18. 胚移植の後、どのくらいリラックスが必要でしょうか?
    胚の着床を促すためにも、最低でも胚移植後4~5日の安静が必要です。 しかし理想的には胚移植後妊娠判定まで家庭内の家事のみをする「お姫様生活」をして頂く方が着床妊娠率は高いです。
  19. 仕事を続けながら体外受精はできますか?
    可能ですが、数日注射のために来院の必要があり、少し遅刻を許してもらうなど職場の協力が多少必要となります。また採卵日や胚移植日には休む必要があります。
  20. どんな人に未熟卵体外受精は向いていますか?
    未熟卵体外受精は、一般的に多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんそう)の方が向いていると言われています。多嚢胞性卵巣の方は卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の危険性が高いため、卵巣を刺激しないこの方法を選択することがあります。また、採卵できる卵子の数も多い傾向にあります。その他にも卵巣過剰刺激症候群を引き起こすリスクが高いと判断された場合も適応となる場合があります。
  21. いつから不育検査ができますか?
    妊娠反応(血中のHCG)が陰性になってから、検査を受けていただけます。
  22. なぜ抗リン脂質抗体が陽性だと、MLC・NK検査は受けられないのですか?
    MLC・NK検査のどちらかに異常がある場合、夫リンパ免疫療法の治療が必要になります。ただし、抗リン脂質抗体が陽性の方は夫リンパ免疫療法を受けることにより抗体価が上昇することがあり、逆効果となります。このような理由でMLC、NKで異常となっても治療ができないので、MLC、NKは実施しておりません。
  23. 夫リンパ免疫療法は、どれくらいの期間有効ですか?
    半年から10か月が目安です。
  24. 不育検査中はなぜ避妊が必要なのですか?
    何もせずに妊娠して、流産を繰り返すと治療の時期がかえって遅くなります。検査の周期は検査に集中して、結果に対する治療をして次回の妊娠に臨んでいただくためです。
  25. 着床前診断を受ける為の条件は何かありますか?
    原則として、患者様が重篤な遺伝性疾患児を出産する可能性のある、遺伝子変異ならびに染色体異常を保因する場合に限り適用されます。ただし、均衡型染色体構造異常が原因と考えられる習慣流産(2回以上の流産)も対象とされます。 適応の方で、着床前診断を希望された場合、当院以外の第三者機関での臨床遺伝専門医、認定遺伝カウンセラーなどの遺伝の専門家によりカウンセリングを受けてから、当院での倫理委員会で承認をうける必要があります。その後学会への倫理審査申請をし、承認されてからでなければ実施できません。希望されてから、実施できるまで時間を要する場合があります。詳細はスタッフにお尋ねください。
  26. 着床障害検査の中に外来子宮鏡検査がありますが、この検査は月経周期いつ頃受けた方がいいですか?
    検査は、月経終了後~排卵前の低温期の時期に受けていただくことをお勧めします。(月経周期7~10前後)高温期~月経前は、子宮内膜が肥厚し、子宮内腔が観察しづらい為
  27. 着床障害検査は、医師から診断がなければ受けることができない検査なのでしょうか?どのような方が受ける検査ですか?
    着床症障害検査の希望があれば検査は可能ですが、この検査は、本来複数回体外受精を受けても妊娠されない方に実施している検査です。 検査に約15万円かかること、また検査結果に基づいて治療後、体外受精を受けても必ず成功するとは限りません。このような理由から初めて体外受精を受けられる方にはお勧めしていません。もしも、検査を受けてみようとご希望あれば実施いたしますので医師や看護師にお申し出下さい。
  28. 着床障害検査の結果でどのような原因が分かりますか?
    奥様の自己抗体があるかどうか(自分自身を傷つける抗体が存在 し、血液がかたまりやすくないか、血液がかたまりやすく胚を養う血管がつまりやすくないか)をまず調べていきます。自己抗体がない場合は、ご夫婦の相性の検査などを調べていきます。夫婦の相性の検査については、ご夫婦お二人の採血が必要となります。
  29. 他院で自己注射をしていた経験があるのですが、自己注射の集団指導は受けなくてもいいですか?
    他院で自己注射を受けておられていても、医療従事者の患者様以外は必ず当院で自己注射の集団指導を受けてもらわなければ、自己注射は実施していただけません。病院によって指導の方法が異なることがあるからです。正しい手順で、安全かつ効果的に注射を実施していただくために、ご了承ください。
  30. 採卵・胚移植では夫と一緒にいられますか?
    採卵では採精案内終了後に患者様のお部屋にご案内します。胚移植では移植のお部屋も含めて、ずっと一緒にいていただけます。
  31. 採精はCLでないといけませんか?
    ご自宅での採精も可能です。ご自宅採精の場合はできるだけ早くお持ちください。
  32. 移植後に残った胚はどうなりますか?
    良好な余剰胚があれば凍結保存が可能です。2人目あるいは万が一うまくいかなかった際は凍結胚を融解し、胚移植が可能です。

薬について

  1. 定期処方薬(カバサール・テルロン・グリコラン・漢方等)がなくなりそう。
    診察時間内(日祝除く月~土の9:00~12:00 14:00~16:00)に、予約なしで来院後、受付にて希望のお薬をお伝え下さい。お薬の処方には医師の診察が必要となります。予約診療の間に優先的に案内させていただきますので、治療方針などのご質問はご遠慮下さい。
  2. サプリメントが欲しい
    葉酸・L-カルニチンは受付にお申し付け下さい。 DHEA・メラトニン・L-アルギニンは初回のみ医師の診察が必要となります。2回目以降は受付にお申し付け下さい。
  3. 市販薬や他院でもらった薬との併用は
    現在服用中のお薬を、かかられる医師・薬剤師に必ずお伝えいただき、併用可能かご確認下さい。
  4. 妊娠中に下剤は服用してもよいか
    当院で処方された下剤(酸化マグネシウム)はまず問題ないとされています。用法用量を守って服用して下さい。
  5. 薬を飲み忘れた・飲み間違えた
    治療に影響を与える可能性がありますので、一度薬局までお問い合わせ下さい。
  6. 甲状腺機能亢進症の方
    胚移植後通常、ダクチル・ブリカニールというお薬が処方されます。これらのお薬は甲状腺機能亢進症の方が服用する際に注意を要するため、医師・薬剤師にご相談下さい。
  7. HRCスケジュールでの月経1日目の薬
    月経1日目は夕食後からプロギノーバが開始になりますが、夕食後以降に月経が来た場合でも午後10時までであれば、その日を月経1日目としてすぐに薬を服用して下さい。同時にユベラN・バイアスピリンも処方されている場合、一緒に1回分服用して下さい。また、午後10時以降に月経が来た場合は翌日を月経1日目として薬を開始してください。
  8. インフルエンザの予防接種について
    妊娠されている方も、原則として接種可とされています。 また、処置・採卵・胚移植を受けた方も、原則として問題はございませんが、接種後に軽い風邪症状が出る恐れが ありますので、体調の優れない方は実施病院・クリニックの医師とご相談下さい。 なお、当院での予防接種は行っておりません。
  9. 久しぶりの来院で薬の処方は可能か。
    6ヶ月以上来院がない場合は診察が必要となります。

その他

  1. 転院を迷っています。
    転院の決心は難しいものですね。特に、今の先生によくしてもらっている場合はなおのことです。しかし、当院へ来られたらまた別の道が開けるかもしれません。色々な先端技術があるのにそれを試さないで終わってしまうことのないよう勇気を出しましょう。
  2. 夜の診察はありますか?
    夜間の診察は残念ながらしておりません。
  3. 先生や看護師さんは怖くないですか?
    当院では職員を採用するとき「優しさ・温かさ」があるかに重点をおいています。全員優しく温かい人ばかりです。
  4. 二人目不妊で、子供を連れて行ってもいいですか?
    キッズルームを設けておりますので、お子様とご一緒にキッズルーム内でお待ち頂けます。診察の間は、保育士がお子様をお預かりさせて頂きますので、安心してお越し下さい。
  5. 駐車場はありますか?
    駐車場は28台分ございます。 詳しくはこちらをご覧下さい。
  6. 男性不妊症ですが、泌尿器科はありますか?
    はい。関連のIVFなんばクリニックにて、殆ど全ての男性不妊治療を行う事ができます。診療の際、医師までご相談下さい。